弊社レーザー加工 サンプル
   
大空へ力強く舞い上がるヘリコプター
そんなイメージを具象するような造形を 当社のレーザー技術をもって制作しました。
機体全長約1,200mm 主要なパーツは板厚4.5mmの鋼板。
すべて出力3.6KWレーザー加工機で外形を切断の後、 あらかじめ設計されたスリット - - 細長い孔 - - に沿って なんと手作業で折り曲げ、形作ってゆきました。 ボディを貫くローターシャフトも一枚の鋼板から切り抜いた部品を細密に組み立て、 尾翼付近やランチャ部分は はめ込みを多用するなど 極力ネジ類の使用を省略し、 全重量を受ける床板部にのみ最小限の溶接加工を施しました。
 


 
機体部品 外形図
   
機体部品は屋根から床板まですべて繋がったひとつのパーツとして設計。 一枚の鋼板を一回のレーザー加工で抜き終えます。 レーザー加工機は精密NCですから0.1mmレベルでの切抜きが可能で、 今回の機体部品は全長が1,600mmを超えますが  機首部分から垂直尾翼まで支障なく組み立てることができました。
弊社では製品の長さ6m幅3mに対応した大型機と、 長さ3m幅1.5mに対応した中型機の2台が稼動して  あらゆるニーズにお応えできる体制となっております。 是非お気兼ねなくご用命ください。

このサンプルは弊社松戸工場正面に展示中で どなたでもご覧になることができます。 なお、商品化はしておりませんのでパーツやキットなどはございません。 類似のものをご希望の場合も  弊社のオーダーメイドシステムに則りご注文いただくことになります。 どうかご了承ください。

橋金属株式会社 営業担当